公衆浴場での盗撮

盗撮されて嬉しい人はひとりもいないと思いますよ。いたとしたらかなりの変態でしょうね。普通の感覚を持った人間なら誰しも盗撮なんてされたくないと思います。でも今はいたるところにカメラが隠されていて盗撮や盗聴されているのだと思った方が良いでしょう。そう思っていたほうが間違いがありません。そういう危機意識 を持たないと盗撮されてしまい恥ずかしい画像や 恥ずかしい映像がネット上に出回ってしまうのです。そのようなことになってからでは遅いので外出 する際は危機意識を持ちましょう。盗撮されてしまう場所一体どこなんでしょうか。それは裸などになる必要がある場所ですね。つまりは温泉 や公衆浴場、健康ランドですね。このような場所利用するときは脱衣所など無防備な格好になることがあります。そのような場所にもしかしたらカメラが仕掛けられている可能性がありますのでそのようなカメラの目を意識して 着替えなどを行いましょう。別にカメラをとられていたとしても見られても恥ずかしくない格好で着替えなどを行ってください。よく芸能人なども露天風呂に入っていて裸を隠し撮りされたなんて言うケースがありますね。露天風呂などを利用する際にもそのような危険性は一般人にもあり得ますので十分に注意しましょう。

盗撮の魔の手はどこからでも伸びてくるから

盗撮の魔の手はどこにいても逃れることができないかもしれない。なぜなら小型ビデオカメラの性能どんどん進化しているからだ。しかもこのようなビデオカメラを誰でも簡単に購入することができる。お店に行っても別に特別な書類が必要な訳では無い。ネット通販などでも簡単に車ものを買うことができて家まで配達してくれるのだ。しかもどのようなものが送られてくるかわからないような梱包 されているので家族にもバレずに購入することができる。うまくやれば誰にも怪しまれることなく盗撮をすることができるのだ。このようなものを利用して盗撮しまくる変態が見てもおかしくないだろう。しかも盗撮する人間は変態な男性だけではない。女性のとでも盗撮する人がいるのだ。盗撮した映像どのように使うかはわからない。男性に頼まれて盗撮する人もいるだろう。もしかしたらレズビアンでそれを個人的に見て楽しむために盗撮する女性もいるかもしれない。何かお金儲けをするために盗撮する女性もいないとは言えないだろう。それらの映像をDVDにコピーしてネットオークションなどで販売すればお金を稼ぐことができるからだ。やり方次第では結構なお金を稼ぐことができるかもしれない。女性はそれらのことを考えてどの場所にいたとしても注意する必要があるだろう。

こんなものが存在しているとは驚いてしまいました

メガネの形をしたビデオカメラを見た時にこれはすごいもんだなと思った。何が凄いのかと言うとこれをもって本屋などに行ったら雑誌を買う必要がなくなるからである。本屋 の定員にバレなければただ単にメガネをかけているお客が立ち読みをしているだけである。しかし実際は雑誌を読むように見せかけてそこに書いてある情報を録画することができるのだ。眼鏡の形をした小型ビデオカメラでどのように情報を読み取れるかわ製品によって様々なので一概には言えないが狙いを定めて撮影するようにすればかなり高画質の画像で盗撮することができるだろう。そうすれば雑誌や本などや漫画などもかわなくても済むようになるのだ。このようなビデオカメラがどんどん性能を上げていけばもう書店に行ってもお金を出さずにしていろんな情報を手に入れることができるようになると思う。形のない情報コピーすること商用利用しない限り違法性はないのである。だからそれが原因で警察に逮捕されるということはない。逮捕されてしまうのは形のある物を盗もうとする万引きだけである。情報をコピーすることはそれとは別のことになるのだ。しかし店側がそのような行為を禁止するような店であればそのようなことはやってはいけない。

デジタル万引きとは?

デジタル万引きというのはどういうことなのだろうか。今の時代携帯などにビデオカメラや高画質な画像撮影できるカメラが付いているのでそれを使って本屋などで立ち読みをしている書籍の情報を撮影してしまうことをデジタル万引きと言われている。しかしこの行為は私的使用のための複製であるならば違法性ないのである。つまり立ち読みをしていていいなと思ったページがあったらそれを撮影することは悪いことではないのである。とある弁護士によると無定財産である情報のコピーをすることそれ自体は窃盗 とはならないのだそうだ。万引きというのは実際に形のあるものを盗む行為を罰することはできる。しかし形のない情報などをコピーすることは罰することができないのだ。でも店の入口などに撮影はしないでくださいなどという張り紙などが貼られていた場合は話が別である。そのような場合に撮影したら店側の管理者の権利を侵害していることになる。その場合は損害賠償請求される可能性もあるので注意しないといけない。モラルを守った行動しなければいけないのもちろんだし店側が禁止していることは絶対にやらないことである。このようなことを知らないでむやみやたらに盗撮しまくることは店側に迷惑をかけることにもなるし損害賠償を請求される場合もなくわないので注意したいものだ。

メガネの形をした小型カメラ

メガネの形をした小型のカメラを見つけた時俺はとてもびっくりした。こんなものがあったらプライバシーもへったくれもあったもんじゃないよな。普通のメガネをかけている人間じゃなくて盗撮をしている可能性だってあるんだから。こんなものがあったら他にもいろんな悪さができるような。映画館などに行って上映されている映画を隠し撮りすることもできる。はっきり言ってこれを個人で楽しむ分にはバレないと思う。でも映画館などで盗撮した映像を動画サイトなどにアップロードして収入を得るようにしていたら警察に捕まってしまう 可能性があるだろう。これらをDVDにコピーして販売する上つかまってしまう可能性がある。現にこのようなことをして捕まってる人も何人もいるから。だからうまく盗撮ができるからといって調子に乗らない方がいいのだ。盗撮してみた映像をDVDにコピーして販売すればオークションサイトやネット通販などで結構売れるだろう。人気の映画であればニーズがあるわけだしそれを やすく購入したい 人がたくさんいるからだ。でもこのような行為が著作権を侵害しているので逮捕される危険性が高い。高性能なビデオカメラをこのような方法に使うのではなく防犯対策として使ってほしいものである。

何を持ってして盗撮と言うのか・・・

盗撮って言っても何が盗撮なのかわかってない人いるんじゃないだろうか。被写体や対象物の管理者に了解を得ることなく密かに隠れてビデオカメラなどで撮影することを盗撮 と言う。なので許可を取ってやることは盗撮ではないのである。インターネット上などでアップロードされている盗撮系のビデオは許可なく行われたものであればとてもタチが悪いものである。しかし真実はその動画を撮影した人間か アップロードした人にしかわからない。実は撮影されている人間に許可を取って盗撮風に見せかけて作られたやらせ動画なのかもしれない。それで興味ある人のアクセスを集め動画サイトなどに登録をさせて報酬を稼ぐビジネスなども存在するからだ。いくら簡単に高性能な小型ビデオカメラを一般市民が何の許可をえなく とも購入することができてしまうからといっても世に出回ってる盗撮ビデオを真似て盗撮行為を行うことはとても危険なことなのである。下手したら逮捕されて罰金を払わなければならないことになるしニュースなどに名前が載ってしまったらとても恥ずかしいことだろう。自分が大事だと思っているのならよく考えて行動して欲しい。もし盗撮で捕まってしまったら仕事も失うかもしれないし大切な彼女も離れていくかもしれないし家庭が崩壊してしまうかもしれないのだ。

こんな人間は絶対に信用出来ない!

同じ職場で仕事をしている人間が信用できない人もいるだろう。なぜなら職場のトイレに小型カメラを設置して峠を盗撮するような人間もいるからだ。これが漫画の話なのではなくて実際リアルな世界で起こっている現実なのだ。今はインターネットなどでとても簡単に超高性能な小型ビデオカメラを購入することが誰にでもできる。別に年齢制限などもないので小学生や中学生でもクレジットカードさえ利用できれば購入することができるのだ。実際にそれらのビデオカメラボールペンのような形をしていて知らない人が見てもビデオカメラなどわからないだろう。それをうまく隠しさえすれば誰にもバレずに盗撮をすることができるのだ。そんなことをして同僚を盗撮している人間が世の中にはたくさんいる。しかしそんなことをし続けてもずっとうまく生き続けるわけがない。いずれも失敗してばれてしまうのである。その時紹介免職などにされてしまっても言い逃れできないだろう。実際に動物園などでこのような行為をして懲戒免職になった人間がいる。市民が 夢と希望を抱く動物園で盗撮するなどということはあるまじき行為だと思う。このようなことをすればいずればれて しまうので興味があったとしても実際にはやらないほうがいいのである。やるのであれば仕事を失う覚悟でやってほしい。

盗撮で逮捕されないために

盗撮をして捕まらないようにするにはどうしたらいいのだろうか。そんなことを考えてる変態は結構たくさんいると思う。でも捕まらないように盗撮するのはなかなか難しいと思う。警察の盗撮わざわざ捕まえるためのグループを用意してるぐらいだから。盗撮するような人間はいずれ大きな犯罪を犯してしまうような凶悪犯になってしまう可能性があるからだ。誰もが最初から凶悪犯な わけではない。盗撮や痴漢などという行為を繰り返し行っていくことでだんだん普通の人間ではなくなっていくのだ。被害を最小限に抑えるためには盗撮や痴漢行っている時点でつかまえて罰を与え反省するようにさせないといけない。そうしないと調子に乗ってどんどん小さな犯罪を繰り返しやがてそれが大きな犯罪につながってしまうのである。盗撮をしても捕まらないようにするためには証拠を残さないようにするか警察に捕まっても振り解いて逃げ切るかのどちらかだろう。でも駅などで警察に捕まったとしたら逃げることをまず難しいだろう。大抵警察などは盗撮している人間を捕まえる時は2人1組で行動してるのでそれを振り払って逃げるのはとても困難なことだと思う。駅のエスカレーターなどで盗撮をすることは警察に捕まりにいってるようなものだと思ったほうがいいと思う。

高性能カメラで盗撮が出来る時代

今ビデオカメラの性能はかなり良くなっている。モノ自体がとても小さくコンパクトなのだ。どのぐらい小さなこと言うとボールペンと同じ形をしたビデオカメラがあると言えばとてもわかりやすいだろう。普通にボールペンを使っているように見せかけて盗撮などができてしまうと言う訳なのだ。探偵はこのようなものを使って浮気調査等してるのであろう。何も怪しい行動することなく盗撮をして証拠をつかむことができる。ミステリーショッパーの仕事してる人たちも小型のビデオカメラを使えばより効率よく仕事ができることだろう。ミステリーショッパーとは飲食店などにお客を装って来店しその店を抜き打ちチェックして本部の人間に報告をして報酬 をもらうという仕事である。飲食店など手抜きのサービスを今後できないようになるだろう。いつ誰がどのような形で監視しているかわからないからだ。しかし飲食産業のみならずどんな仕事でも手抜きをできないようになるかもしれない。小型ビデオカメラはどんどん進化していくのでどんな場所でも働いている人にわからないように設置することができて盗撮することが可能になるからである。このような小型ビデオカメラ防犯カメラとしても利用されてほしい。盗撮などという悪いことに使うのではなく防犯体制を強化すると言う方向で多く使われてほしいと願う。

盗撮が犯罪である事を良く覚えておいてくれ!

いくら魅力的な女性を見つけたからといっても何の許可もなく勝手に下半身をスマートフォンなどの高性能な携帯電話を使って盗撮してはいけない。いい年した大人がそんなことで捕まったらとても恥ずかしいことだ。すぐに新聞に名前が載ってしまうだろうし下手したらヤフーニュースのトップニュースに取り上げられてしまう。ヤフーニュースのトップに取り上げられてしまうとものすごいアクセスが集まってしまい多くの人間にさらされてしまう。しかもネットの上に名前が残ってしまうと消されることはまずないだろう。お金をかけて時間をかけたりして削除申請を出さなければ自分の名前が一生盗撮犯として残り続けることになるのである。そんなふうにして自分の名前が残ったらどのようなことが起こるだろうか。仕事を失う可能性もあるだろう。そして新たに仕事しようとしてもどこの経営者も雇ってくれない可能性もある。つまり日常生活がとてもしづらくなってしまうのだ。家族などにも被害をもたらす可能性もあるかもしれない。だから盗撮などというくだらないことはやらない方針だ。逮捕された時のリスクがあまりにも大き 過ぎると思わ ないか。得られるものといったら何もないに等しいだろう。ちょっとした出来心で盗撮してもリスクだけ大きくてたまらないと思うのは俺だけじゃないだろう。